教王護国寺(東寺 八幡山)

注目スコア
574
住所
京都府 京都市 南区九条町1
地図表示位置は正確ではない場合があります
パワースポット
東寺(とうじ)は、京都市南区九条町にある仏教寺院。真言宗の根本道場であり、東寺真言宗の総本山でもある。「教王護国寺」(きょうおうごこくじ)とも呼ばれる。山号は八幡山。本尊は薬師如来。寺紋は雲形紋(東寺雲)。
東寺は平安京鎮護のための官寺として建立が始められた後、嵯峨天皇より空海(弘法大師)に下賜され、真言密教の根本道場として栄えた。中世以降の東寺は弘法大師に対する信仰の高まりとともに「お大師様の寺」として庶民の信仰を集めるようになり、21世紀の今日も京都の代表的な名所として存続している。昭和9年(1934年)に国の史跡に指定、平成6年(1994年)12月には「古都京都の文化財」として世界遺産に登録された。

真言宗十八本山第9番
西国愛染十七霊場第8番
洛陽三十三所観音霊場第23番
京都十三仏霊場第12番
都七福神(毘沙門天)
神仏霊場巡拝の道 第84番
京都十二薬師霊場第2番

教王護国寺 御朱印画像

教王護国寺 その他の画像

教王護国寺と一緒に言及されている神社・寺院

関連神社
宮城県仙台市太白区向山四丁目17番1号

東京都大田区矢口1丁目21-23

秋田県男鹿市脇本富永字飯ノ森10番

関連寺院
京都府京都市東山区本町15-795

京都府京都市右京区花園妙心寺町35

京都府京都市南区八条通大宮西入下ル

京都府京都市北区金閣寺町1

京都府京都市中京区堂之前町248

教王護国寺 参拝ブログ

京都 弥生 一日目 | 新規参入 御朱印収集家 備忘録
歩いて廻る京都御朱印収集の旅。京都に15時入りしてから、夕食までに足早に御朱印収集。まず教王護国寺(東寺)へ。『京都十三仏』十二番、大日
原点は東寺(教王護国寺)から
かさ おおらかさこれは何!?♪ そのときの驚きは今も忘れないそして 今回も東寺を訪ねることができましたゆっくり のんびり 心行くまで過ごしましたこれまで何冊もの御朱印帖が満願したので新しく求めました大好きなロケーシ
御朱印めぐり
今年はいつ友しすたーずと御朱印めぐりとお散歩(笑)ダイエットしようと今年1回目~今回は私の独断と偏見でチョ刀剣乱舞のファンであろうお嬢さんと競馬おじさんで結構にぎわってた次は地元すぎな国宝東寺(教王護国寺)世界遺産?になり
都七福神めぐり③
の先には、伏見稲荷の看板がああああ、この前は詣でだけで、御朱印も貰えず、見たかった、千本鳥居が見たい急遽、見たコイン駐車場に即停めて、 東寺は正しくは教王護国寺といい、平安建都の際、都の南玄関、羅城門の東に作られた。
御朱印の旅“京都⑧"東寺(教王護国寺)【其の1】
10月20日に御朱印をしたいと言う会社の◯子さんと『御朱印の旅“京都⑧"』しました。なくことができました。6時30分集合、高速に乗り8時30分ちょい過ぎに最初の目的地『東寺(教王護国寺)』に着きました。今回はいつ
京都旅の二日目の午後は~
で、かなりの方がご存知でした!正解、東寺。真言宗総本山 教王護国寺京都駅から市バスに乗って、東寺南門前で下車し、国宝の金堂です。ゆっくり敷地内を歩いて進み御朱印をいただいて、いざ拝観受付に。また得意の逆光国宝の五重塔
京都非公開文化財教王護国寺灌頂堂
ました。じっくりみるとかなり痛んでいますが筋肉質です。髪型やデフォルメされた形状は、神変大菩薩の前鬼後鬼にも見えました。灌頂とは関係ありませんが、今回は役行者聖蹟霊場の御朱印をいただきました。
心洗 京都編 ~その166~ 東寺
。真言宗の根本道場であり、東寺真言宗の総本山でもある。「教王護国寺」(きょうおうごこくじ)とも呼ばれる(名称におじゃましまんにゃわ手水舎今回は食堂にて先に御朱印をいただきました拝観料が高いと思う(800円)のですが今
御朱印の旅“京都⑧"東寺(教王護国寺)【其の3】
東寺(教王護国寺)の続きです。【其の3】です。国宝の五重塔です。東寺のみならず、京都のシンボル、ランドマークタワーとなっている塔です。高さ54.8mは木造塔としては日本一の高さを誇ります。天長3年(826)空海により創建着手しま
1泊2日で京都ミラクル旅!まず、初大師さん
行ってきました教王護国寺ヘ(ё_ё)ノ桜が咲いたらキレイだろうな~平安京の表玄関として造営された羅城門の東西に、西の西寺とともに、東に東寺が建てられた。正式には
東寺(教王護国寺)の御朱印 | xxion神田の寺院・神社巡り御朱印日記
再訪2017/1/3拝受東寺食堂〠601-8473京都府京都市南区九条1番地☏075-691-3325?075-662-0250JR「京都」駅から徒歩15分※御朱印は画像の食堂
春の特別公開霊鑑寺
教王護国寺を11:00頃出発、河原町通りを通って、霊鑑寺へ ;雨は、依然として止まず、でも車移動なので、家族にストレスはなく ちょっとした渋滞も、京都の町を確認
京都旅行記 その②
こちらです。 京都旅行記 その① 東寺で写経を終え、無事御朱印をゲット。むふふ 梵字のしゅるんってなっているので次。地下鉄東西線に乗って東山で下車、満足稲荷神社という地元感溢れる神社へ。ここはかの豊臣秀吉ゆかりの稲
京都観光 | わっくんの徒然日記
こんばんは。昨日のブログで大阪での合格祝賀会のことを書きましたが、せっかく大阪まで行ったのでそのまま帰るのももったいない、ということで翌日
御朱印の旅“京都⑧"東寺(教王護国寺)【其の5】
東寺(教王護国寺)の続きです。【其の5】です。山門です。入ります。毘沙門堂です。お参りします物館です。ここも共通拝観券で入れますから、拝観します。手水舎です。食堂に戻ってきました。御朱印をいただきます。【弘法大師】【大日如
京都・東寺(教王護国寺)
も~仏像マニアのバスコさん、しかも五重塔有り京都駅からも近く。紅葉シーズンは終わりに近かったけど綺麗な紅葉でした。あぁ~陽射しがあり上手く五重塔、写真撮れません!今回の御朱印は不動明王様と弘法大師様のを頂きました。
【御朱印】京都のシンボル五重塔(東寺・京都市九条)
こちらも修学旅行の際に頂いたもの 平安京の正門・羅城門の東西に都の左京と右京を守るために建てられた『東寺』と『西寺』の1つです。東寺の正式名称は金光明四天王教王護国寺秘密伝法院。長~いお名前がついています。西寺は現存していません
城郭・城跡巡り“姫路城"【其の7】『姫路城十景』
プしました。以上が『世界遺産姫路城十景』でした。これで『御朱印の旅“姫路①②"』と『城郭・城跡巡。次は『御朱印の旅“京都⑧"東寺(教王護国寺)【其の1】』です。
御朱印の旅“京都⑧"東寺(教王護国寺)【其の4】
東寺(教王護国寺)の続きです。【其の4】です。「小子房」の山門です。共通拝観券を見せて、中に入ります。東寺事務所です。参道と書院の大玄関。鎌倉時代に後宇多天皇の修行道場として創建されました。南北朝時代、足利尊氏が光厳上皇を奉じて
平成28年12月17日遍照金剛所縁の寺院を訪ね歩いて教王護国寺(東寺)
昨日は、遅い初詣の報告で一昨日の続きの投稿を日延べ致しましたが、本日こそは本当に続きを投稿致します。(笑)一昨日は、御影堂から遠望した五重塔を写真を最後に締め括

神社仏閣検索

山号・寺号や地名・寺院名をスペースで区切って検索すると探しやすいです

神社ランキング

寺院ランキング

神社仏閣一覧

都道府県別神社仏閣

リンク