山王神社(皇大神宮 山王日吉神社 浦上皇大神宮)

注目スコア
28
住所
長崎県 長崎市 坂本2丁目6-56
種別
創建
(山王神社)伝寛永15年(1638年)(皇大神宮)明治2年(1869年)
パワースポット
位置
山王神社(さんのうじんじゃ)は、長崎県長崎市坂本に鎮座する神社。村社であった山王神社(日吉神社)と県社の皇大神宮(こうたいじんぐう)とが合併(皇大神宮側に合祀)して創祀された神社で、浦上皇大神宮(うらかみこうたいじんぐう)とも称され、また山王日吉神社(さんのうひよしじんじゃ)とも呼ばれる。
長崎市への原子爆弾投下において鎮座地が爆心地から約800メートルの地点に位置したために被爆し、その跡を残す一本柱鳥居や、熱線により裸同然となりながらも豊かな緑を取り戻した楠で有名。
地図表示位置は正確ではない場合があります

山王神社と一緒に言及されている神社・寺院

関連寺院
三重県津市芸濃町椋本538

山王神社 御朱印画像

長崎市で人気の神社
102
長崎県長崎市上西山町18-15

鎮西大社諏訪神社(ちんぜいたいしゃすわじんじゃ)は、長崎県長崎市にある神社。現在の正式名称は諏訪神社であり、鎮西大社は通
57
長崎県長崎市上西山町4-3

松森天満宮は長崎県長崎市上西山町4-3の神社。 諏訪神社、伊勢宮とともに長崎三社に数えられている。 1625年に今博
28
長崎県長崎市坂本2丁目6-56

山王神社(さんのうじんじゃ)は、長崎県長崎市坂本に鎮座する神社。村社であった山王神社(日吉神社)と県社の皇大神宮(こうた
25
長崎県長崎市栄町6-12

長崎大神宮は長崎県長崎市栄町6-12の神宮教会に由来する伊勢神宮の分社。 1878年(明治11年)5月、磨屋町の薬師寺
23
長崎県長崎市伊勢町2-14

伊勢宮は長崎県長崎市伊勢町2-14の神社。 諏訪神社・松森天満宮・と、共に長崎三社と呼ばれる。 寛永6年(1629)

山王神社 参拝ブログ

山王神社(長崎市)
拝 路面電車「浦上駅前」電停で下車、 山王神社の鳥居を見にきました。 山王鳥居きな木は被爆クスノキといって、 長崎市の天然記念物に指定されています。査結果が楽しみです。 山王神社の御朱印です。 日吉神社が皇大神宮に合
友旅~クスノキ&神の島~
ンもいらないくらい暖かかった空港バスで長崎市内に到着してすぐ、山王神社に向かった。この辺で曲がるんやったかなも今頃、鬼が出てきて豆まきしてるのかな御朱印今日は2月3日。どこの神社でも節分祭があるようで、山王神社にいたお酒を
山王神社(長崎市)
続いて【山王神社】へここは福山雅治さんが被爆クス上皇大神宮】というのだそうです。御朱印を頂いたときに説明して頂きました社も記載されているそうです。次は長崎市内の中心部を回ってみます✋
通称、山王神社・長崎県長崎市
ろ?境内には、こちらも被爆したにも関わらず成長し続けてる光に包まれてるその傍らに狛犬様足元には瓶に込められた千羽鶴御朱印も戴きました山王神社の名前がメジャーになっているので、通称として御朱印にも記載されるそうです
シンブツシューゴー。
ない" 延暦寺十寺参りをして御朱印を集めようということになり修学旅otel 2 泊+朝食 2 回+長崎市内観光]が 26000 円で出来アンティーズセットな場所の隣】の山王神社、翌日に九頭龍神社本宮と白龍神
山王神社 | 寺社巡り From Nagasaki
神社の名前は知らなくても、片足鳥居の神社といえば、長崎の人は知っていると思います。原爆の遺構として、また、原爆の話の舞台として何度も出てくると
【長崎】「クスノキ」 被爆にも耐えた生命… ~山王神社~
【九州・長崎】長崎県長崎市坂本にある 山王神社「山王神社 被爆クスノキ」山王神社の境内入口にそびえる2本のクスノキは樹齢5~600年【山王神社 御朱印】山王神社は村社であった 「山王神社」と県社の「皇大神宮」が合併して創祀され
平安京の表鬼門 ~日吉大社(ひよしたいしゃ)~:お茶飲んでく!?- 喫茶
2015年6月20日 崇神天皇7年(紀元前91年)に創祀されたと伝わる、全国3800余の日吉・日枝・山王神社の総本宮です。延暦寺の門前町坂本の鎮守神。通称として山王権現とも呼ばれる。千年の都、京都平安京の表鬼門を守る方除、厄除の神社として有名。
関連ブログは自動収集しています。必ずしも正確とは限りません。

神社仏閣検索

山号・寺号や地名・寺院名をスペースで区切って検索すると探しやすいです

神社ランキング

寺院ランキング

神社仏閣一覧

都道府県別神社仏閣