猿賀神社

注目スコア
2
住所
青森県 平川市 猿賀石林175番
地図表示位置は正確ではない場合があります
創建
伝延暦12年(793年)
パワースポット
猿賀神社(さるがじんじゃ、さるかじんじゃ)は、青森県平川市猿賀に鎮座する神社である。旧社格は県社。戦後に神社本庁の別表神社となった。
『日本書紀』によれば祭神は伊峙水門で敗死したとあり、伊峙水門には上総国夷灊(いしみ)郡(旧千葉県夷隅郡)説と陸奥国牡鹿郡石巻(いしのまき)(現宮城県石巻市)説とがあるが、社伝によれば、敗死した田道命は従者によって当地に埋葬され、後に蝦夷がその墓を暴いたところ、田道命の遺体が大蛇と化して毒気を吐いたので、人々が恐れて現在地西方の猿賀野に祀ったのに始まると伝える。200年後の欽明天皇28年(567年)に当地で洪水があり、田道命の神霊が白馬にまたがり流木を舟にして流れに乗り、現在地に遷座し、桓武天皇の時代に蝦夷征討に苦戦していた坂上田村麻呂が田道命の霊に導かれて大勝したので、延暦12年(793年)、田村麻呂が現在地に祠を造り、大同2年(807年)には勅命により社殿が造営されたと伝える。
後に、仏教の守護神である深砂大王(じんしゃだいおう)と習合し、深砂大権現(神蛇宮)と呼ばれるようになった。武神として信仰され、藤原秀衡、北畠顕家ら附近にかかわった武将たちの崇敬を集めた。江戸時代には津軽藩の祈願所となり、猿賀山長命院と号する修験道場となった。明治の神仏分離により、明治4年(1871年)に神社となり、地名より「猿賀神社」に改称し(現在もかつては境内地であった社前に旧別当寺である神宮寺(天台宗)が残る)、同6年郷社に列し、更に同16年(1883年)には県社に昇格した。戦後は神社本庁に参加し、昭和34年(1959年)にその別表神社とされている。

猿賀神社と一緒に言及されている神社・寺院

関連寺院
北海道稚内市緑1-1-13

猿賀神社 参拝ブログ

津軽の北斗七星「猿賀神社」ーつがるみち121 | のんびりとじっくりと!
平川市猿賀神社は、岩木山神社と並び称される津軽の大社ですが、ここもまた、津軽の北斗信仰が残る神社です。「地上の北斗七星」になぞらえられた七神
猿賀神社
ネットで見かけていた猿賀神社(青森県平川市)に寄ってみました。行ってびっくり!想像以上にデカい。拝殿の奥に本殿があり、靖国神社みたいな造りになってます。敷地内に
画像およびブログは自動収集しています。必ずしも正確とは限りません。
ぜひ各ブログや画像のサイトを訪問され、ご確認下さい。

神社仏閣検索

山号・寺号や地名・寺院名をスペースで区切って検索すると探しやすいです

神社ランキング

寺院ランキング

神社仏閣一覧

都道府県別神社仏閣

リンク