白山中居神社

注目スコア
7
住所
岐阜県 郡上市 白鳥町石徹白2-48
種別
創建
伝・景行天皇12年
位置
白山中居神社(はくさんちゅうきょじんじゃ)は、岐阜県郡上市白鳥町石徹白に鎮座する神社である。白山神社の一つであり、白山信仰と関わりが深い。白山信仰の美濃国からの道は、白山中宮長滝寺(現長滝白山神社、長瀧寺)から、越前国の白山中居神社をとおり、白山へと向かっている。
鎮座地は石徹白川左岸、支流である宮川との合流部に位置し、参道に橋が懸けられている。
言い伝えでは、景行天皇12年の創祀で、雄略天皇9年に護国鎮護のために剣を奉納したと伝えられている。養老元年(717年)に泰澄大師が白山中居神社の社域を拡げ、社殿を修復したという。平安時代から江戸時代初期にかけて、藤原能信、藤原秀衡、今川義元、柴田秀勝、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康など、数多くの武将の信仰を受け、江戸時代には、越前国大野郡石徹白村が白山信仰による白山へ向かう巡礼者への手助けを行い、村人は、白山中居神社の社人、社家となり、無税、帯刀御免の身分とされていた。
宝暦4年(1754年)から8年にかけて石徹白騒動が発生。白山中居神社神職(神主)の上村豊前が郡上藩寺社奉行根尾甚左衛門と結託し、神頭職(社領を統治する役)杉本左近と村民約500人を石徹白村から追放する。同時期に発生した郡上一揆とともに幕府評定所の判決が出され、老中の本多正珍が免職、若年寄本多忠央が領地没収、郡上藩藩主金森頼錦が領地没収、お家断絶などの大規模な処分が行われる。
安政3年(1856年)に現本殿が再建された。
大正10年(1921年)に福井県の県社になり、昭和33年(1958年)、石徹白村が福井県から越県編入して岐阜県郡上郡白鳥町石徹白となって岐阜県の神社となり、同37年、本殿の彫刻が岐阜県重要文化財に指定され金幣社になる。
地図表示位置は正確ではない場合があります

白山中居神社と一緒に言及されている神社・寺院

関連寺院
新潟県上越市三和区山高津303

白山中居神社 御朱印画像

郡上市で人気の神社
16
岐阜県郡上市白鳥町長滝138

長滝白山神社(ながたきはくさんじんじゃ)は、岐阜県郡上市白鳥町長滝に鎮座する神社である。日本各地に分布する白山神社の中心
7
岐阜県郡上市白鳥町石徹白2-48

白山中居神社(はくさんちゅうきょじんじゃ)は、岐阜県郡上市白鳥町石徹白に鎮座する神社である。白山神社の一つであり、白山信
2
岐阜県郡上市大和町牧817番ノ1

2
岐阜県郡上市高鷲町鮎立字西ノ上4291番

1
岐阜県郡上市美並町大原森下2811番

白山中居神社 参拝ブログ

掬理媛大神との強い繋がり☆
神)のお姿が目の前に浮かびお昼前に郡上市石徹白にあります白山中居神社に向かいました 白山中居神社は数年前ているお話しをされました 御朱印を賜り心温かく帰路につきました 皆様とのご縁が益々
永平寺と平泉寺白山神社へ ~岐阜・上村家便り~
の三代目秀衡(ひでひら)が上村十二衆に郡上市石徹白の白山中居神社と越前の平泉寺白山神社に仏像(虚空像菩た。また、参拝したいてす。お母さんは、御朱印を貰い大満足の一日でした。写真を見るだけでも神々しさが伝わってきます郡上市石
関連ブログは自動収集しています。必ずしも正確とは限りません。

神社仏閣検索

山号・寺号や地名・寺院名をスペースで区切って検索すると探しやすいです

神社ランキング

寺院ランキング

神社仏閣一覧

都道府県別神社仏閣