素盞鳴神社(備後国一宮)

注目スコア
32
住所
広島県 福山市 新市町戸手1-1
地図表示位置は正確ではない場合があります
御祭神
創建
(伝)天武天皇年間(673年 – 686年)
素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)は、広島県福山市新市町大字戸手にある神社。式内社で、備後国一宮を称する。旧社格は県社。
社伝によれば天武天皇の治世であった7世紀ごろ(679年か)に創建したとされる。その後、遣唐使であった吉備真備が唐から帰国した後の天平6年 (734年)に備後から素盞嗚命を播磨の広峯神社に勧請したとされる。

素盞鳴神社 御朱印画像

素盞鳴神社 参拝ブログ

素盞鳴神社の御朱印(福山市)
えないので時が来るまでに、廣峯神社で問うべきことをまとめなければなりません。 素盞鳴尊といえばもちろん蘇民将来。蘇民神社。 戸手天満宮 本殿 相方城移築の城門。唐獅子が跳躍。御朱印 広島を後にして、またまた岡山へ。
素盞鳴神社 広島県福山市
この神社は祖父母の家の近所にあり毎年夏にあるお祭りに実家をでるまで行っていました。この境内で夏祭りに行われるケンカ神輿はとても迫力があります。御朱印私の好きな木まるで4本の木が1本になったように生えています。
【福山市】備後国一宮素盞嗚神社
寺社No.1440 御朱印No.1013; 備後素盞嗚神社 広島県福山市 備後国一宮 2009年4月10日 御朱印No.3674 2015年9月26日
備後国一宮素盞鳴神社
5月27日、備後国一宮吉備津神社に続いて同じ福山市内にある素盞鳴神社(すさのお神社)に参拝しました。御祭神は素盞嗚尊(すさのおのみこと)、稲田比売命(いなだひめ
素盞嗚神社(備後国一の宮) | 横浜ときどき旅
【備後国一の宮】素盞嗚神社(すさのおじんじゃ)旧社格 県社主祭神 素盞嗚尊(すさのおのみこと)参拝日 2012年9月4日備中国一の宮吉備津
画像およびブログは自動収集しています。必ずしも正確とは限りません。
ぜひ各ブログや画像のサイトを訪問され、ご確認下さい。

神社仏閣検索

山号・寺号や地名・寺院名をスペースで区切って検索すると探しやすいです

神社ランキング

寺院ランキング

神社仏閣一覧

都道府県別神社仏閣

リンク